21と28の存在|避妊するならマーベロン28が効果的です!
笑顔の女性

21と28の存在

カプセルと錠剤

効果的な避妊効果が期待できるピル、マーベロン28。そんなこの商品には、「マーベロン28」と「マーベロン21」といった商品が存在します。このふたつ、どういった部分で使い分けるものなのか疑問に思いますよね。
しかし、どちらも成分が同じだと言われれば、何のためにあるのかという話になりますよね。答えは錠剤の数が名前のごとくマーベロン28なら28錠、マーベロン21なら21錠となっています。
初めて購入するひとは、どっちを買ったらいいんだろうと疑問に思うことでしょう。単純に錠剤の多い方が長持ちするからお得?くらいの認識になるかと思います。
しかし、実際はそうではなく量としては同じであって差異となる7錠は、偽薬となります。何の効果もないお薬です。
なんでそんなものが入っているのか?

マーベロン28や21のような低用量ピルと呼ばれるお薬は、一回飲んだからといって効果が出るというものではありません。毎日飲み続ける必要があります。
例えばマーベロン21では、21日間連続1シートを飲み続けるタイプとなり、7日間飲むのを休んだあとに、また1シートを21日間飲み続けるという流れになります。
飲まない期間の7日間、つまり休薬期間の間に月経がやってくるようになっているのです。
しかし、カレンダーに印をつけたり意識的に覚えておかないと、最後に飲んだのいつだっけ?というように、この休薬期間を忘れてしまうといった事態も起こり得ます。
なので、マーベロン28には忘れないように飲み続ける習慣を保つための7日間の偽薬が付いているのです。
これなら無意識でも安心して続けていられますよね。

偽薬とはいえ薬を飲むのは嫌だという人も居ると思います。値段も同じなので、好みのやり方に合わせて買い分けると良いでしょう。